郵便局でキャッシングする方法は簡単?当日借りれる?

MENU

郵便局でキャッシングする方法は?時間はどのくらい?

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

 

郵便局でもキャッシングすることが出来るって知っていましたか?

 

「キャッシング」と聞くと、銀行や消費者金融のイメージが強いですが郵便局でもキャッシング利用できるんです。

 

 

郵便局でキャッシングする方法は2つあり1つはクレジットカードの「JPバンクカード」、そしてもう1つはカードローンの「したく」です。

 

今回は郵便局でキャッシングする方法について解説していきたいと思います。

 

 

【このページの目次】

 

ゆうちょJP BANKカードでキャッシングする方法

 

「JPバンクカード」は郵便局・ゆうちょ銀行が提供するクレジットカードです。

 

一般的な「ゆうちょカード」にクレジット機能とキャッシングサービスが備わったタイプです。

 

キャッシュカードとしてもクレジットカードとしても、そしてキャッシングカードとしても使用することが出来るオールインワンな一枚で、郵便局でキャッシングする方法の一つです。

 

 

 

ブランドは「VISA、MasterCard、JCB」の3種類から選ぶことが出来ます。

 

枠内であれば繰り返しショッピングもキャッシングも利用可能です。

 

返済は一括払いとリボ払いの2種類から選ぶことが出来ますので、「自分の都合に合わせた返済方法」が選べる、郵便局でキャッシングする方法です。

 

 

年会費は初年度は無料で、年度以降から1350円かかります。

 

ショッピングの利用限度額は最大80万円、キャッシングの利用限度額は最大30万円までとなります。

 

 

「郵便局のJPバンクカードで公共料金の支払に指定する」、もしくは「年金自動受取にする」と、利用金額によって年会費を無料にすることが出来ます。

 

しかも公共料金の支払に郵便局のJPバンクカードを指定した場合は、郵便局でキャッシングをした時もリボ払いの手数料が2.0%引下げになる特典付きです。

 

 

 

郵便局のJPバンクカードでキャッシングする方法は2種類あり、1つはCD・ATM、もう1つは振り込みです。

 

ATMで郵便局でキャッシングする場合は「JPバンクカード」と「暗証番号」でその場で借入が可能です。

 

 

郵便局atmだけでなく、提携金融機関のATMにも対応しています。

 

三井住友銀行やみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、さらにはセブン銀行でも利用できます。

 

ですので、場所や時間を気にすることなく郵便局でキャッシングでき、とっても便利です。

 

 

郵便局のJPバンクカードでキャッシングするための操作はとっても簡単ですので、初めて利用する方でも安心。

 

振り込みで借入する場合は、インターネットもしくは専用のダイヤルにかけて振込依頼を行います。

 

 

営業時間は24時間年中無休で借入申込が可能です、時間にも余裕があるといえるでしょう。

 

例えば、「公共料金やクレジットの支払日が近いのに、口座が残高不足」といった時に非常に便利なサービスです。

 

しかも振込手数料は無料です。

 

 

ただし、郵便局のJPバンクカードでは借入申込受付後から5日前後かかるのが、非常に残念なところ。

 

急ぎでお金が必要な場合は、出来るだけ早めに申し込み依頼しておくことです。

 

 

JPバンクカードは郵便局の店頭窓口、もしくはインターネットにて申し込みを行います。

 

申込時には本人確認書類が必要になりますので事前に準備しておきましょう。

 

 

郵便局のJPバンクカードに申込受付後、審査となります。

 

審査を無事通過するとカードが発行され、後日、自宅に届き、郵便局でキャッシングができるようになります。

 

カード発行から受け取りまでに約1〜2週間ほどかかりますので、急にお金が必要になった場合には利用できません。

 

その際には注意が必要です。

 

 

急ぎでお金を借りたいのなら

即日OKの大手カードローンで

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

 

ゆうちょ銀行カードローン「したく」でキャッシングする方法

 

では、次に「ゆうちょ銀行のカードローン したく」でのキャッシング方法について見てみましょう。

 

「ゆうちょ銀行のカードローンしたく」は、郵便局のゆうちょ銀行とスルガ銀行が提携して提供しています。

 

ですから、ゆうちょ銀行や郵便局が自らキャッシングを行っているわけではありません。

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくの利用限度額は10万円〜最高500万円と、比較的高額な借入にも対応しています。

 

ただし、初めてキャッシングされる方は上限は300万円までとなり、初めから最高融資額である500万円の申し込みが出来るわけではありません。

 

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくの金利は年7.0%〜年14.9%となります。

 

消費者金融よりは低く、一般的な銀行カードローンよりは高めの設定です。

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくの最低返済額は利用残高に応じて決まります。

 

利用残高が10万円以下であれば、最低返済額は3000円と少額ですから、無理なく返済していくことが出来ます。

 

以降は利用残高が10万円単位で3000円ずつ上がっていきます。

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくを利用し、郵便局でキャッシングした際の返済方法は、自動引き落としてではなく「ATMでの直接入金」となります。

 

そのため、最低返済額以上の金額も気軽に返済することが出来ます。

 

 

毎月自動引き落としですとそれ以上の金額を返済するのに手間がかかりますが、ゆうちょ銀行のカードローンしたくの場合は毎月入金ですから、入金額をチョット多めにするだけで最低返済額以上の返済をすることが出来ます。

 

返済額が多くなれば返済期間はその分短くすることが出来ますので、利息負担を軽減させることができるでしょう。

 

最終的な返済総額も抑えることが出来ますね。

 

 

実際に、ゆうちょ銀行のカードローンしたくでキャッシングする方法も非常に簡単です。

 

クレカ同様にカードと暗証番号だけで借入できます。

 

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくの魅力は、何と言っても「郵便局で申し込める、郵便局でキャッシングできる」ということにあります。

 

身近な郵便局ですから、気軽にキャッシング利用できるのは利用者にとって嬉しい限りですよね。

 

 

また、高齢者でも郵便局でキャッシング可能な点もしたくの魅力と言ってよいでしょう。

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくの利用対象年齢は「20歳以上〜69歳以下」と、一般的なカードローンよりも年齢の上限が高く設定されています。

 

自動更新で76歳まで利用することが出来ます。

 

 

ゆうちょ銀行カードローンしたくの申し込み方法はインターネット・電話・ゆうちょ銀行の取扱店となります。

 

インターネットなら郵便局でキャッシングする時と違い、24時間申し込み承継していますのでとっても便利です。

 

 

流れとしましては「申し込み⇒仮審査⇒電話もしくは郵送にて審査結果の連絡⇒申込書・必要書類の郵送⇒書類の返送⇒本審査の開始⇒カード発行・郵送」となり、キャッシュカードを手にした日から、郵便局でキャッシング可能となります。

 

提出する書類は本人確認書類のみとなりますので、簡単に手続きできます。

 

 

ゆうちょ銀行のカードローンしたくに申し込みする上で気になるのが、やはり審査基準です。

 

身近な郵便局のカードローン、郵便局でキャッシングと考えると審査は緩いように思えます。

 

ですが、むしろその逆で、郵便局の審査基準は厳しめと思ってよいでしょう。

 

 

郵便局でキャッシングする時の金利は、一般的な銀行カードローンに比べると少し高めです。

 

ですが、それでも消費者金融の金利よりは低めです。

 

 

カードローンの審査は金利が低くなるほど厳しくなりますので、ゆうちょ銀行のカードローンしたくも審査に通るのは難しいと思ってよいでしょう。

 

郵便局でキャッシングするためのハードルは低くはないのです。

 

 

安定した収入があるのは勿論ですが、クレジットヒストリーが良好でないと先ず審査には通りません。

 

「過去に返済延滞をしていた」「携帯電話などの強制解約」や「債務整理をしたことがある」という場合は、郵便局でキャッシングするのは諦めたほうが良いです。

 

 

急ぎでお金を借りたいのなら

即日OKの大手カードローンで

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

 

郵便局でキャッシングするよりも大手カードローンのが便利で早い

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要

 

 

郵便局でキャッシングは非常に安心して利用できる点が、利用者にとって大きなメリットと言えます。

 

また、郵便局でキャッシングするのであれば、金利も比較的低めですから、利息負担が少ないのも嬉しいところです。

 

 

ただし、「JPバンクカード」と「カードローンしたく」では、どちらも郵便局でキャッシングできるようになるまで時間がかかります。

 

「JPバンクカード」の方はカード受け取りまで約1〜2週間、「カードローンしたく」では早くても数日かかりますので、急ぎで郵便局でキャッシングしたい場合には利用することが出来ません。

 

 

 

また、郵便局のキャッシングでは低金利での貸付となりますので審査基準が厳しく、キャッシングしたくても中々簡単には借りれません。

 

前もってお金を借りる事が分かっていて計画的に利用するのであれば、郵便局でのキャッシングは最適です。

 

ですが、「今すぐお金が必要」などの「緊急でお金が必要」となった場合には、郵便局でのキャッシング向いていないといえるでしょう。

 

 

 

もし急ぎでお金を借りたいのであれば、郵便局でキャッシングするよりも「大手の即日対応のカードローン」がオススメです。

 

大手のカードローンでは郵便局でのキャッシングに比べ審査が非常に早く、最短30分で審査結果回答可能です。

 

郵便局でキャッシングするまでの期間より全然早いです。

 

 

キャッシングする際はカード発行だけでなく、口座振り込みにも対応していますので、最短1時間でお金を借りることも可能なのです。

 

「スピーディー対応が良い」というのであれば、郵便局でキャッシングするよりも、大手カードローンのほうが断然良いでしょう。

 

 

また、郵便局のキャッシングと違い、大手カードローンであればネット上で契約手続きが取れます。

 

ですので、自宅から一歩も外に出ること無く融資を受けられます。

 

 

郵便局のキャッシングでは自動契約機はありませんが、大手の有名カードローンであれば全国に自動契約機が存在します。

 

この自動契約機を利用すれば、夜間に手続きももちろん可能で、土日祝日でも即日キャッシングが可能となり利便性が高いです。

 

 

口座振り込みは平日15時がタイムリミットですが、自動契約機でカード発行さえできれば、その日にキャッシングが可能です。

 

郵便局でのキャッシングでは不可能ですが、大tえカードローンでは即日キャシングの可能性がかなり高いのです。

 

 

もちろん、大手カードローンも審査基準は決して甘くありません。

 

ですが、郵便局のキャッシング審査に比べると利用しやす2のではないでしょうか?

 

パートやアルバイトなど比較的属性が低い方でも申込可能ですので、非正社員でも利用しやすいですよ。

 

 

 

郵便局のキャッシング審査でもそうですが、大手カードローンの審査をクリアするには「安定した収入」と「信用力」が重要です。

 

「毎月滞りなく収入があり、月によって金額に波がないこと」が安定収入の条件です。

 

 

 

仮に収入が少ないとしても、毎月の安定性があれば審査上は問題ありません。

 

「信用力」というのは「個人の信用情報」を元に判断されます。

 

ローンやクレジットカードの支払において、延滞がないかをチェックします。

 

延滞を複数回行っていた場合は、郵便局のキャッシングと同様に、大手カードローンの審査に通ることは難しいと思ったほうが良いでしょう。

 

 

また、過去に返済遅延や債務整理を行っている場合は、まずカードローン審査には通りませんので覚えておくと良いでしょう。

 

これに関しては郵便局のキャッシングと同様です。

 


急ぎでお金を借りたいのなら

即日OKの大手カードローンで

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※即日融資は平日14時までに契約完了が必要